2022年07月11日

「燕の赤ちゃん」

3日前の夕方、天井のツバメの赤ちゃんが巣からちょいと頭を


のぞかせました。


しっかり観察しようと、電気をつけましたが、じっとしたまま動き


ません。


電気を消した途端、首を長ーく伸ばして大きく口を開けました。

134919.jpg
可愛く面白いので何度も電気をつけたり消したり・・・。


翌日朝も元気でした。赤ちゃんは3羽。


それが何という事でしょう。


カラスだと思うのですが、巣を壊し、赤ちゃんは跡形もなく消えて


いました。


残念で涙が出そうです。


親鳥だと思いますが、何度も巣の周りを飛んでいました。
posted by segawa at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしのよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック