2022年06月07日

「あれ如何だったですかね?」

広島県は、いち早く集落法人設立が進みました。


構成員は個人の農地を法人に提供し、畦畔管理は、提供した


個人が行うという仕組みが大半でした。


年間とても少額で、法人からの委託されていたように思います。


法人として、それほど利益が見込めないので、そもそもこれまで


個人農家として耕していた土地なので、少額でも納得されていた


のでしょうね。


現在はどんな状況ですかね?


ふと、この畦畔管理中にケガをしたら・・・どの保険を使うことに


なるのでしたか?


あれ、如何でしたかね?


法人の労災保険は使えなかったですよね。


ふと、割に合わない農業を感じてしまいました。
posted by segawa at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック