2021年02月24日

「安芸太田で、タダで頂いちゃいました」

半年前に、仕事で安芸高田市の庁舎へ行きました。



ロビーにたくさんの図書がおいてあり「この図書は除籍済みです」とあります。

IMG_20210222_184109.jpg


「どうぞお役立てください」とあったので遠慮なく、この本と、孫ちゃん用に絵本を
一冊いただいて帰りました。



題名は「みみずの井戸端会議」です。

IMG_20210222_184101.jpg


1985年発行の定価が1600円です。



内容は「高橋幸子」さんのエッセー集でした。



サラッと読めるかなと思ったのですが、読むと結構奥が深い。



なので、サラッと読めなくて、じっくり読みました。



一篇ごと心にグサっと入り込んで考えさせられるのです



半年経って、やっと読み終えたので、さてさてどうしましょう。



安芸高田へ返そうか、誰かにプレゼントしようか、それとも私の蔵書として本棚に立てようか?



とても良い本だったなので、蔵書は勿体ない。



他の人にも読んでほしいと思ったのですが・・・。



一時間かかるけど、安芸高田まで返却に行こうかなぁ・・・?
posted by segawa at 12:59| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。