2021年02月19日

「実態を知ってほしいのです―――農業労災」

農業の死亡事故についての統計結果が出ました。



統計って2年前のものが結果発表されます。



昨年度(内容は平成30年の実態になります)、初めて300人を切ったことをブログで取り上げました。



長年の念願だった「300人」という数字です。


IMG_20200524_120358.jpg





このたびの発表結果は死亡者:281人でした。



ひとえに、農業機械の改良、安全教育、意識の向上の賜物です。



他産業はいち早く、安全教育や教育による意識の高まりの中、死亡者数はドンドン減少していったと思います。



農業においては「やっと」が現実です。



農業労災は特徴があって、多くの事故が「重機作業中」に発生します。



大きな事故につながりやすく、死亡も「重機作業中」という事になります。



高齢者の多い産業なので88%以上が65歳超の人たちです



さらに、男性が操作されることが多いので、大半の被害者は「男性」です。



これから女性が農業へ参画・進出していくために、何をどうすべきかも透けて見えますね。
posted by segawa at 13:42| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。