2020年03月21日

「たんぽぽ会の働き方改革 第5弾」

「おかん」という会社から?昼ご飯を福利厚生として「社食」として提供したらどう
というメール案内が何度も届きます。

そうかと思うと、一週間に一度事業主が調理して「社食の日」を持ってると、写真付
きでレシピが届きます。

確かに

「食べる」って和みますよね。

「食べる」って心が豊かになりますよね。

外注ではなく、手作りほど心がこもって誠意が通じますよね。


そこで一年に一度ではありますが、当社の働き方改革の第5弾として、「振舞いぜん
ざい」をアップさせていただきます。
 
「おかん」や、週に1度の「社食日」には到底及びませんが、1月鏡割りのお餅で、
専務主催の「振舞いぜんざい」の日を催します。

漬物や塩昆布を用意しておやつの時間に、お変わり自由で喜んでもらいます。

「働き方改革第5弾」は、ちっぽけ過ぎましたかね。

働き方改革は、「楽になる」ことだけではないですよ!
みんなで協力して、改善や生産性のアップなしには実現しないことを心に銘じましょう!
ぜんざい.jpg
posted by segawa at 15:35| Comment(0) | 仕事の周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。