2019年11月21日

「ハラスメント」


社会保険労務士法人たんぽぽ会のせがわです。
「寄り添う形のお役立ち」をモットーに社会保険労務士をしています。

先ほど近所の食堂へ定食を食べに行ったところ、テレビでフィギアスケートのモラルハラスメントの提訴について賑々しく報道してました。

見ながら感じたことは、「どうしてモラルハラスメントだったんだろー?」と思いました。

どうしてパワハラではなかったんでしょうかね?

パワハラ防止法ができて、来年の6月から大手企業は施行するべく、準備に追われているところ。

パワハラは、「職場の優位性」を持った必要以上暴力性をもった言動をおこなってはならない…というものですよね。

職場の優位性は必ずしも「肩書」の優位性ではありません。

訴えがあった場合、会社は必ず事情を聞いて、事実確認と対応策を講じなければならない、懲罰規程に基づいて懲罰するという法律ですよね。

テレビでの話を聞いてる限りでは、「パワハラ問題として取り上げれば、もっと違う展開を求められるのでは?」と思った次第です。

すみません。余計なおせっかいですね!

IMG_20191102_071210.jpg

ランキングに参加しているので、応援お願いします。
『広島Blog』をクリックしてください♪
広島ブログ

******************************************
  『元気な会社づくりをお手伝い』 
  社会保険労務士法人たんぽぽ会 
        瀬川 徳子  
                       
   TEL(082)874-8947                 
   HP:
http://tanpopokai.com/
   お問合せメールはコチラ ⇒ メール               
******************************************                
***************************************
posted by segawa at 16:15| Comment(0) | 暮らしのよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。