2022年05月25日

「ぎゅうてん」

農業新聞を見ていたら、群馬県桐生の郷土食として、大きくカラー


写真で掲載されています。


広島の私としては、まさに「お好み焼き」としてしか思えない、


それも「関西風お好み焼き」が大きく掲載されています。


と言うか、子供と一緒に楽しみながら作る、まさに


「瀬川家のお好み焼き」です。
okonomjiyaki.jpeg

広島のお好み焼きは、戦後の生活を支えるために、お母ちゃんが


作り出した「一銭洋食」がルーツだと聞いたことがあります。


群馬は、ギューっと押さえるから、「ぎゅーてん」と言うんだと。


面白いです。


所変われば「呼称」も変わるんですね。謂れを聞くと面白い。


どんな食べ物かと注文した「なめろう」が、なーんだ「鰺のたたき」


だったわけですが、なんで「なめろう」と言うのか不思議です。
posted by segawa at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らしのよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする