2021年12月06日

「娘に送ります」

コロナが何となく静まった感じで、私は久しぶりに娘と会いました。


山口県長門市の温泉に。


此処へ来たからには、どうしても娘に紹介したかったことがありました。


「金子みすず」の詩です。


「わたしとことりとすずと」


記念館へ入って、彼女はさりげない様子で金子みすゞの作品を見て歩きました。


詩集をプレゼントしたくて申し出ましたが、彼女はさりげなく「要らない。」


私は、ぜひこの詩を紹介したかったのです。


最後の行「みんな ちがって、みんな いい。」

IMG_20211202_191315.jpg
posted by segawa at 13:11| Comment(0) | 暮らしのよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする