2021年08月04日

「老後の生活は年金で?」


「稼働年令」ってご存じですか?


15歳から65歳までの年齢の人たちのことです。


文字から「働き稼ぐ年齢」という事になります。


少子高齢化で稼働人口の割合が減少のスピードが増しています。


年金制度は現役世代が高齢者の生活を支える仕組みです。


「相互扶助」を前提に作られた法律です。


稼働年齢人口が減って高齢者が増えると、当然年金額が減るという筋書きは予想できます。


理屈は判るけれど、自分が貰う年金額が減るのは、納得しがたいものがあります。


一番の関心は、自分のもらえる額がいくらなのかです。


このままの生活や働き方が続くとしたら、その額はどう変化するのでしょうか?


人口の変化でどうも年金額の支給割合が下がるだろうと考えると、国の財政の行方も気になります。


スマホで、試算してくれるとのことですが、私たち高齢者も使い勝手が優しいようにしていただかないと・・・。
nenkin_techou_obaasan.png

posted by segawa at 15:37| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする