2021年05月17日

「共食のすすめ」

「ともしょく」と読みます。


「共食」って何?という世界ですが、聞いてみると今頃はこんな状態なのかとびっくりです。


「共食」とは、「家族一緒に食事しましょう」という呼びかけの言葉です。


「家族が一緒に食事するのは普通の事でしょう」と思っていたら最近は違う?


「個食」という言葉もあるくらいですって。


寂しい世の中になったものですね。

IMG_20210501_132233.jpg


思い起こしてみると、トラックの営業をしていた夫の帰宅は早くて20時、遅いときは午前様。


家族そろって晩ご飯は普通の事だったから、「早く帰って来んかい!」と、まだかまだかと待っていました。


一日あったことをあれこれしゃべって、子供は食べながらしゃべるから、口からぽろぽろこぼします。


モーって言いながら、「静かに食べなさい」と注意してましたね。


古き良き時代の、昔の話だと片付けるのは勿体ないです。


だって、楽しい時間でしたもの。
posted by segawa at 11:59| Comment(0) | 暮らしのよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする