2021年05月14日

「シニアのライフプラン」

夫がご近所さんから「瀬川さんは良いねえ。この年になっても仕事がある」と言われるんですって。


そう言えば思い出しました。


夫はケジメの年齢ではいつも「これからの10年間どう生きようか」と新しいプランを立てていました。


30歳になった時、「トラックの大型免許を取る。経理3級を取る。」と計画しました。


40歳になった時、「部下に尊敬される上司になる」。営業をしていて、「報奨金」はチームみんなで分ける、どうせやるならプラス思考ですすめたい。


50歳になった時は、心も体も健康でなければ・・・とジムへ通い始めました。


考えてみたら、シニアのライフプランを立てるのは50歳がポイントだったかも。


トラックの営業一筋で、月末にはいつも口のほとりにヘルペスができてました。


悩みもあり、退職したいと思ったこともあっただろうと思うのですが、家族のため、特に子供からは尊敬される親でありたいと、何事も一生懸命だった気がします。


明るく乗り越えられたのも、ジムへ通って「健康」とプラス思考で乗り越えてきたのでしょう。


シニアのライフプランのキーワードは「仕事」・「趣味」・「健康」・「家族」・「社会とのつながり」・「家庭経済」と思いますが、ほぼほぼ満足してるようですよ。


70歳記念に「東海道五十三次」を歩いて踏破。


75歳で「西国街道」を京都から広島へ。トータルで100キロ歩き通しました。


おかげさまで元気です!
kotowaza_kawaiiko_tabi_boy.png
posted by segawa at 19:44| Comment(0) | 暮らしのよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする