2021年03月16日

「人込みを避けて、偶然の幸せ」


人込みを避けて、木次線沿いを走っていたら蕎麦屋の看板を見つけました。



蕎麦大好きな夫は、キキキキーと急ブレーキで止めた先は亀嵩駅構内でした。



駅舎そのものが蕎麦屋さん。



午前9時50分のことでした。



切符も売るけど蕎麦も売る。



木造の駅舎の中は、レトロで珍しいものがいっぱい。



偶然にも入ったその蕎麦屋さんは「扇屋」と言って、駅舎の中にある珍しくも有名なお蕎麦屋さんだったのです。


IMG_20210312_180242.jpg




松本清張の「砂の器」という小説に出てくるらしい。



土日、祭日は駐車場がいっぱいになるほど繁盛しているんだとか。



開店は10時からで、私たちはどなたにも会わずに,労することなく一番乗りのお客。



確かに予約の電話が次々入っていましたけど…。



「割子3枚」を二人前注文して、店主夫婦からいろいろな話を聞けて、お値段は1,720円也。


IMG_20210306_102811.jpg




無学だったとは言え、知らなかった凄い話を知って、すごくお得感のあるドライブでした。



でも、今日の目的は温泉なのですけど・・・。
posted by segawa at 13:19| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする