2020年06月19日

「益田アムスメロン」

お中元の一番乗りは「益田のアムスメロン」でした。


箱を開けると、「そのひとくちができるまでのこと」と、食べる私たちへメッセージが入っていました。


何事にも「物語」があるのですね。


はじまりはミツバチ。

あえて水を与えないで、過酷な環境にして甘さがどんどん高めるのでそうです。

「甘さが濃い。あまさに恋。」

「深い甘さとみずみずしさに、酔いしれてみてください。」


020619.jpg



「JA島根 西いわみ」のメロン部会役員の写真付きでした。


部会長さんの名前は「大場尚俊」さん。


農業者の思い入れやメロンへの愛情、苦労もやりがいもこの一玉へ込められているのだと、そんな思いでゆっくり味わいますね。


言いつけ通り、軽く冷やしてね。
posted by segawa at 12:22| Comment(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月17日

「何気にチャンネルひねったら茨木さん」

甲奴町を取り上げてるなーと、桜並木の映像を見ていたら、突然に「茨木さん」が。

画面いっぱいにとてもいい笑顔で。

ホウレンソウ農家さんなのですね!

ハウスの数が60棟と言ってなかった?

大型農家さんじゃん!

年齢が34歳なんですね。(という事は、初めて会ったのはまだ20歳半ば?)

お里は酪農家なんですね。

私がご縁を持ってるホウレンソウの生産者さん、毎日山のように廃棄の葉っぱが出ます。

60棟という事は、廃棄の葉っぱも相当ありますね!

それを牛さんが喜んで食べるという。

その牛さんのウンチを発酵させて肥料に使う!

すごい循環ではないですか!

感激!

茨城さんの写真をアップさせたいので、どなたか彼の写真付きで拡散させてください。

表題は「広島農業の若きリーダー」でよろしく。


posted by segawa at 12:09| Comment(0) | 農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする