2009年03月26日

イチローの執念!!

世界中を鼓舞させた第2回”WBC”もイチローに始まり、イチローで終わるシナリオは、筋書きのないメークドラマで、久しぶりに明るく元気をもらいました。そして、最後の最後の土壇場でイチローに打順がまわり、それがさよならヒットだなんてそんなドラマがあるのだろうかと存在価値のすごさに改めて尊敬すら覚えます。

思い起こせば昨年の北京オリンピックでの仲良しグループの人選から、今回は公平な人選で尚且つつなぎの出来る選手を選んだところに、野球本来の戦法で勝つことが出来た。そして、監督人選でも”天の声
”が出たけれど、イチローの”今一番輝いている人で、優勝チームから選ぶのが一番正しい”の一言で決まった。

時代の流れと共に、野球界の流れも新しい時代に変わっていくでしょう。
何はともあれ、勝つと負けるとでは今の気持ちが全然違い余韻とともに仕事のほうも軽やかに進んでいます。まずはおめでとうと共に、ご苦労さんでした。少しの休憩を取ってペナントレース再び熱い戦いを期待しています。


燃えろドラゴン瀬川
posted by segawa at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック