2009年03月06日

「仕事と育児・介護との両立支援」

またまた、ワークライフ・バランスの支援策において、助成金の拡充です。

「ベビーシッター費用等補助コース」
 労働者が、育児や家族の介護に掛かるサービスを利用する際、費用の全部または一部を事業主が補助した場合、その事業主に対し助成金が出るというものです。
これまでにもあったのですが、拡充されます。


○労働者が利用した育児・介護サービスのうち、事業主が負担した額に対して、次の助成を受けることができます。

中小企業事業主
育児にかかるサービス  4分の3  
介護にかかるサービス 2分の1

大企業事業主 3分の1

※1年間(1月1日〜12月31日)につき育児・介護サービス利用者1人当り30万円、(中小企業事業主: 40万円)、かつ、1事業所当り360万円(中小企業主:480万円)

○労働者の育児・介護サービス利用料を補助する制度を平成10年4月1日以降新たに設けた事業主で、初めて労働者に費用補助を行った場合は、上記の額に加え、次の額が支給されます。

中小企業事業主 40万円(30万円)※

大企業事業主   30万円(20万円)※

※( )内の金額は、常時雇用する労働者が300人以下で、一般事業主行動計画の策定・届出が無い場合の金額です。


これは、平成21年2月1日から24年3月31日までの措置です。
詳しくは当社へお問合せください。

【お問合せ先】
 セガワ労務管理事務所
 https://secure39.chicappa.jp/~weblike.jp-2b4u/tanpopokai/contact/index.html
 tel:082-874-8947 
                              
最近これに当てはまる事業所があるけど、2月1日までに費用の補助を開始したので、40万円は逃したのかなあ。
21世紀職業財団に確認してみよう。
でも、ダメの可能性が強いなあ。
ダメだったら事業主さん残念がるだろうなあ。


「自称 温泉博士・瀬川徳子」
posted by segawa at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 助成金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック