2009年02月13日

「雇用調整助成金の拡充」

 12月に拡充のニュースを流したばかりなのに、26日施行で再度拡充されました。受給する側としては額が増える話なので一見うれしいと思うのですが、本当に喜んでいいのか、とても不安です。
 
 底なし沼に足を踏み入れたような、迷路に迷い込んだような、そんな精神状態に陥ります。新聞を読んでも周囲の話もうれしい話が少なくて・・・。



雇用調整助成金の拡大ポイントをお知らせします。

1.
 
大企業に対する助成率の引き上げ
 
「2分の1」→拡充後「3分の2」

2.
 
事業活動量の示す判断指標の緩和
 
従前の「生産量」に加え「売上高」も対象とし、「売上高又は生産量」とする。

3.
 
休業等の規模要件の廃止
 従前「所定労働延長(時間)数の15分の1以上(大企業の場合)、20分の1以上(中小企業の場合)」→拡充後 廃止

4.
 
支給限度日数の延長
 従前の最初の1年間「100日まで」を200日まで」とする。
 従前の3年間「150日まで」を300日まで」とする。

5.
 
クーリング期間の廃止
 従前「制度利用後1年間経過した後でなければ再度利用することができない」→拡充後 廃止

6.
 
短時間休業の助成対象範囲の拡充
 従前の「従業員全員が一斉の短時間休業(1時間以上)を行った場合」に加え、「従業員に短時間休業を行った場合」も対象とする。

「自称 温泉博士・瀬川徳子」 

posted by segawa at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 助成金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック