2008年12月01日

障害年金

「インターネットによりセガワ労務管理事務所の存在を知りました。」という障害年金の相談が相次ぎ、前後して2件手続きが終了しました。
一件はご家族3人がお見えになり、弟さんの精神的な病で何十年と悩んでこられたお話です。
いろんなあらゆるところへ相談を掛けたけど年金の手続きに至らなかった、面倒を見続けてこられた親御さんもご死亡になられ中年にならんとする弟さんの今後の生活を考えると途方にくれるといったご相談でした。
もう一件は、若い頃から持病を主治医から指摘されながら放置した結果、人工透析に至ったというケース。
こちらは仕事がまだ現役で専門職で収入には困っていない人でした。
セガワ労務管理事務所では一件ごとに一人づつスタッフを張り付かせて対応します。
スタッフで対応し切れない場合は、社会保険労務士仲間で作っている「障害年金おたすけネット」というグループへSOSを出して応援依頼をします。
今回のこの二つのケースは、当事務所のスタッフを一人づつ貼り付け、社会保険事務所に相談を掛けつつ最後の手続き完了までに2〜3ヶ月掛かったというケースです。
障害年金は結構時間と手間が掛かるので、費用を抑えているつもりですが今回も30000円請求させていただきました。
2件とも感謝されて、「ありがとう」という言葉とともにこの請求書を受け取られました。
人工透析のケースは「こんなに安くて本当にいいの?もっと取ってもらって良いですよ。」というお電話まで・・・。
私たちの仕事って、させていただいて、感謝されて、おまけにお金頂いて、なんとありがたい仕事なんだろうと思います。まさに天職だわと思う瞬間です。

                                           瀬川 徳子
posted by segawa at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック