2020年11月16日

「経営者の確固たる実行力」

社会保険労務士事務所として、「解雇しないで会社を維持する」ために、雇用調整金の制度の広報に勤め、知らないで申請漏れが無いように尽力してきました。



職員もクライアント様に寄り添い頑張ってくれています。



一件づつを考えると、利益を生まない部分も多々あります。



それでも、これまで育てていただいたお客様や、世の中全体への恩返しみたいに思ってやってきました。


021116.jpg



そんなところへ衝撃的な話が流れてきました。


コロナをきっかけに、事業の再構築に着手し、見込みのない事業から撤退し、その業務に携わる従業員を解雇するというというのです。



解雇される従業員のつらさはよくよく理解するけれど、会社が勝ち残るために、当然会社として取るべき選択であるとのことです。



「会社は競争に勝ち、利益を生む」ことこそが、経営者のとしての命題であると。



そういう局面に立ったら、果たして「それは違う」と言い切れない自分がいます。



「同志として一緒にがんばってきた従業員を解雇できる?」と心に聞いたら、「いいカッコするな」という影の声が聞こえます。



どのように考えたら良いですか?



貴方はどうなさいますか?
posted by segawa at 16:08| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする