2020年06月10日

「パワハラ防止の義務化ですが・・・」


大企業は今年の6月から「パワハラ防止が義務化」されました。



コロナ旋風の前に該当する企業様からは相談が入っていて、管理職への研修や、総務部対象に勉強会や就業規則の改訂を進めてきました。



其処へそれどころじゃないほどのコロナ旋風が巻き起こり、しばらく「パワハラ」を忘れてました。



あらためて、今日は「パワハラ」について言及してみたいと思います。

ヤマボウシ.jpg



当社でも、専務が自分の言葉に結構神経質になっていて、助言をしています。



Q)叱ることがある場合、「必要以上に長時間」になっていませんか?

A)無いない!叱責じゃあない!愛情いっぱいの冗談交じりの教示じゃ。



Q)「人格を否定するような発言」じゃあないですか?

A)いやいや、普通では体験できないような経験をして、仕事で活かしてほしいと思う
とる。



Q)「しつこく」ないですか?

A)そう言えば、何かにつけて言ってるかもしれん。



Q)冗談にしても、本人は「精神的に嫌がってて、打撃を受けて」ないですか?

A)いやいや、いやな顔一つせず、にこにこ笑ってるわい。



Q)メンターから注意を受けたら、冗談にしても言動を改めんさいよ!」

A)気になるけえ、こうやって相談しよるんよ。



まあ、私の判断で第三者的に見ても、それほど負荷がかかってるようには見えないから,今は見守っている状態です。



以上当社における報告です。参考になさってください。
posted by segawa at 17:56| Comment(0) | 仕事の周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする