2020年05月15日

「銭湯」

広島市安芸区矢野町」に、昭和のにおいがする古い銭湯があります。

名前は「日の出湯」と言います。

探し回って、やっと路地裏に発見。

開店時刻に合わせて一番風呂です。

84
歳っておっしゃったオーナーは、昭和42年に先代から営業権を買い取って旦那様と二人で開業したとのこと。

 
今は一人身ですが、小柄で陽気でおしゃべりさん。

「開業当時はほとんどの家庭に風呂が無かったから、よー儲かったよ。」

「テレビで見ました。」と言うと、「もう5回目よ。」

この狭い路地も、昔は賑やかな商店街だったとか。

せんとう2.jpgせんとう1.jpg

今は、廃材を燃やして、一人で釜焚き。

女風呂は、私一人で悠々1時間。

男風呂は、常連さんが毎日示し合わせたように夕方5時にご来店。

「改造修理はしない。」「使用不可になった時が廃業の時。」
 
「若い人は、町民でもここが風呂屋だと知らないよ。」

レトロで、私一人ぜいたくな時間をありがとうございました。

柔らかいお湯をごちそうさま!

posted by segawa at 12:13| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする