2019年06月05日

「盲・聾の人の作品です」


社会保険労務士法人たんぽぽ会のせがわです。
「寄り添う形のお役立ち」をモットーに社会保険労務士をしています。

IMG_20190601_170323.jpg

カープの新井選手のサイン入りのユニホームが写っていますが、それは偶然に映ったものです。


今日のお知らせはそれではありません。


手前の靴下の端くれを利用して作ったというお手製のクリスマスケーキです。


とても精巧に作られていて感心したのですが、驚くことにこれが盲・聾の重複の障害を持たれた人の作品なのだそうです。


先日監査をするために訪問した、A社会福祉法人さんの玄関に飾ってありました。


靴下の製造会社では、糸の端くれがたくさん出でるんだそうで、それを手編みして作ったのだそうです。


それにしても、盲の人がどうやって編むんだろうとと考えると、すごいことだと思いました。


いろんな人に知ってもらいたいとフェースブックに載せます。


拡散よろしく。


ランキングに参加しているので、応援お願いします。
『広島Blog』をクリックしてください♪
広島ブログ

******************************************
  『元気な会社づくりをお手伝い』 
  社会保険労務士法人たんぽぽ会 
        瀬川 徳子  
                       
   TEL(082)874-8947                 
   HP:
http://tanpopokai.com/
   お問合せメールはコチラ ⇒ メール               
******************************************                
*****************************************
posted by segawa at 12:01| Comment(0) | 暮らしのよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする